この度は「一日車検」でのご依頼をいただき、ありがとうございました。
初回車検で走行距離23000㎞なのですが、しっかりとした整備がご希望ということで、
今回の整備内容をご紹介します。
image


リフトアップして車体の下回りを点検します。
ブレーキの引きずり、タイヤ回転部分のガタ、各部ボルトの緩み
オイル漏れ、水漏れ、汚れなどはなく、状態は良好です。
image


続いてエンジンルームを点検します。
バッテリーテストOK
image

image


エアーエレメントはエアーブローして汚れを飛ばし再使用します。
image


ファンベルトは亀裂もなく、張り具合も良好です。
image


エンジンオイルが入りすぎ(注入量が多い)でした。
image


最近、某Dで交換されたみたいですが、多過ぎはよくありません。(少な過ぎもNG)
(クランクシャフトで掻き回されて泡立ち、油圧が正常に上がらないので)
レベルゲージよりオイルを抜き取り、量を調整しました。
image


ブレーキ整備へ移ります。
フロントブレーキを分解し点検。  異常個所は見当たりませんでした。image



キャリパーピストンの動きを確認しながら押し戻します。軽く動き良好です。
(ピストン及びシリンダーが錆びていると戻りが悪くなりブレーキが引きづります)
image


ディスクパットの厚みの測定・・・OK
image



整備に移ります。
ディスクパット、シムをきれいに清掃。
パットの剥離や亀裂も点検します。
image


ディスクパットとシムの接触面にはスプレー式のパットグリスを塗布。
image


ディスクパットとキャリパーベースの勘合部にも専用グリス(チューブ式)を塗ります。
image


キャリパーベースのスライドピンにも専用のシリコングリスを塗布し、キャリパーがスムーズに動くようにします。
image


キャリパーの汚れを清掃し、接触面の錆びを除去します。
ここはチューブ式のブレーキグリスを極薄く塗布し、元通りに組み付けます。
image


リヤブレーキも状態は良好で、シューの厚みも十分ありました。
image


ホイールシリンダーからのブレーキオイル漏れの確認 OK
image


自動調整機構の点検確認 OK
image


バックプレートとブレーキシューの接触面には「スレッドコンパウンド」を塗布します。
(ブレーキに関するグリスは塗布する所により4種類を使い分けています。)
image


続いてブレーキオイルの説明に移ります。
ブレーキオイルは吸湿性が強いので酸化しやすく、古くなってくると茶色に変色します。
近年のブレーキの油圧機構は複雑になり、内部が錆びると思わぬトラブルに見舞われることも・・・
当社では車検毎の交換をお勧めしています。
ブレーキ・リザーバータンクへブレーキオイルを自動供給しながら・・・
image


各ブレーキから新しいブレーキオイルが出てくるまで抜き取り、ブレーキラインをリフレッシュします。
image


タイヤの空気圧を規定値より少し高め(0.1~0.2㎏/㎠)に調整します。
image


もちろんスペアータイヤの調整も忘れずに・・・
image



タイヤの減り具合が均一になるようにローテーションをします。
その時にホイールバランスを調整すれば、高速走行での不快な振動やハンドルのガタツキなどを防止できます。
なにより安全走行のための整備です。
image



ご覧のようにホイールバランスが崩れていました。
      イン 20g     アウト 8g   
ウェイトを打ち直しバランスを取り直しました。
image


タイヤを取り付ける際、ホイールナットのねじ山が傷まないように
ホイールナット専用のスプレーを塗ってから取り付けます。
image


ホイールナットを規定値で締め付けます。
image


3年間使用したエアコンフィルターは目詰まりがひどかったです。
これからエアコンを使用する季節になり臭いも気になるところです。
トヨタ共販推奨の「クリーンエアーフィルター」を装着しました。
image


整備も完了し完成検査での測定も問題なく合格しました。
サイドスリップは検査基準内でしたが、ステアリングセンターが若干ずれていたのでタイロットにて微調整をしセンターを出しておきました。(検査時IN3.0  調整後アウト0.5)
愛知県東海市のG 様、このたびは誠にありがとうございました。
またのご利用、ご来店をスタッフ一同でお待ちしております。